すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

電子ピアノを手放しました

ここ数ヶ月ぐらい気になっていた、電子ピアノを手放そうか、どうしようかという件。この前の4連休の間に、時間は有限、人生はあっという間、やりたいことに注力すべき、ピアノはまたやりたくなったら、そのときに全力で取り組もう!と思い、手放すことにしました。ちなみにピアノは社会人になってから習い始めて、12〜13年ぐらい習っていました。

モノを手放すには、身近に必要としている人がいれば、その方に譲るのが一番いいと思うのですが、電子ピアノだと そこそこ大きいものですし、今、ピンポイントで電子ピアノが必要な人っているかしら?仮に電子ピアノが欲しかったとしても、こだわりがあるかもしれないし、もらってしまったら、違うな…と思っても、手放せないかもしれない、などと思って、楽器の買い取りをインターネットで調べてみました。筆子さんの本で、モノを手放す時にお金に換えようとしない というのがあったのを思い出し、少しでも高く買い取ってもらおうとは思わず、複数社一括見積みたいなのはしないことに。電子ピアノと言いつつ、キーボードタイプであるため、キーボードも買い取っているところで見積査定をお願いしました。

その日、しばらく経ってから、見積依頼したところから電話がかかってきて、あれよあれよという間に、買い取り決定。電話で「引き取ってもらえれば、タダでもいいぐらいなんです」と言ったところ、「いえいえ、お値段つけたせて下さい」と言われました。また「今回ピアノを手放す理由を教えてもらえますか?」と聞かれ、「ピアノ教室をやめてから1年ぐらい経つんですけど、 一度も弾かなかったので…(というのは嘘で、本当は2, 3回は弾いたと思いますが、まぁ誤差範囲内でしょう)。もういいかなと思って」と正直に答えました。

電子ピアノ自体はほとんど使っていなかったのですが、椅子はテレワークでクローゼットの空きスペースをデスク代わりに使う時や、ちょっと椅子に座って本を読みたいときなどよく使うので、椅子だけ新たに購入することにしました(もともと木製のスツールが欲しかったこともあって)。なお、電子ピアノを売ったお金で、椅子はおつりが来ました。

電子ピアノを引き取ってもらったら、部屋が広くなって、ちょっと踊ってしまいました…。「いつでも引っ越しできる部屋」が理想ですが、また一歩近づいたかなと思います。去年一番の断捨離は車を手放したことだと思いますが、今年一番の断捨離は、この電子ピアノかなと思います。もし次に何か大きめのものを手放すとしたら…テレビなのかな?

f:id:Ariri:20200729195946j:plain
f:id:Ariri:20200729200014j:plain
左:手放した電子ピアノ、右:新たに購入した椅子(ブタの貯金箱を添えて)