すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『ななつのこ』

これまで19年近く生きてきて、初めてファンレターなるものを書いてみた。書店の新刊コーナーで見つけた短編集に一目惚れ。まさに出会い頭の恋。そして、まさか返事が来るなんて…。

 

以前読んだ『平台がおまちかね』の中にあったタイトルで、気になって読んだのですが、もう最後にやられてしまいました。ぜひ最後まで読んで欲しい。

ファンレターなるもの。私も書いたことがあります。中学生の頃だったんじゃないかと思いますが、当時好きだった漫画家さんと、コバルト文庫で好きだった作家さんへ。返事はというと…年賀状をいただきました。年賀状の保管は5年分と決めているのですが、この年賀状だけは例外で、いまでも持っています(先程 しっかり確認済)。

また、むかし文通をしていたことを思い出しました。一人はイベントで知り合った同い年の女の子。もう一人は小学校の先生。先生の方は、私の担任ではなかったのですが、小さい小学校ですから、みんながみんな把握していて、離任式の時にお手紙を渡したら返事が来たのです。本来なら、そこで終わりだったと思うのですが、さらに私が返事を書いてしまって、私が高校卒業するぐらいまで続きました。小学校の先生だったとはいえ(ご結婚されて、退職&引っ越しされたのです)、子どもと文通するのはどんな気分だったのかなぁと今更ながらに思います。きっと、くだらないことをダラダラと書いてたと思うのですが、それに対して、やさしく言葉を綴ってくれていたんだなぁと、とてもありがたく思います。

手紙をしたためるなんてこと、もう長いことしていませんが、たまには書いてみたいなと思いました。