すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『婚活食堂2』

シリーズ2作品目です。元・人気占い師だった玉坂恵が切り盛りする おでん屋「めぐみ食堂」。おでん以外の料理もおいしそうです。結婚が全てではないけれど、幸せな結婚ができたら素晴らしい。でも、その相手はこの人でいいのかしら…?もし、身近に見極めてくれる人がいたら…。

 

作品のセリフ中に『サラダ記念日』と宮部みゆきさんの『火車』が出てきて、嬉しくなりました。自分が読んだことのある本が話題に上ると、おっ!とテンションが上がります。とくに『火車』は、相当なインパクトがあって、読んでしばらくは、いろいろと考えてしまいました。読んだのは、まだ新入社員の頃で、作品中に出てくる女性たちと年齢が近かったこともあって、自分ならどうするだろうと。

さて、本書では「めぐみ食堂」の常連客の女性2人がマッチングアプリを利用して婚活を行うのですが、途中、詐欺グループの被害に遭いそうになる場面もあります。世の中、いろいろな詐欺があって怖いですし、自分や家族も被害に遭う可能性はゼロではないので心配です。身の丈にあった暮らしをしていれば、大金は必要ないと思うので、簡単にお金儲けできますよ~みたいな話には引っかからないと思うのですが(そもそも、そんないい話があるなら、赤の他人に教えないだろうし)、過剰に費用を請求されるとかはあるかもなぁ~と思ったり。お金は世の中をよくするために使えたらいいなと思います。