すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

シャンプーやめてみる?

筆子さんの本を読んで、湯シャンに興味を持ちました。おそらく中学校の頃だったと思うのですが、友達が「お湯だけでも髪の汚れは、ほとんど落ちる」と言ったのを聞いて、じゃあシャンプーって何のために使うんだろう?と思ったのも、いまだに引っかかっていました。確かにシャンプーを使うと、髪のまとまり具合なども良く、ツヤも出るように思います。とはいえ、髪だけ見た目が若々しいのも何か不自然かなとも思います。そして何より、シャンプー無しでもいいのだったら、その方が楽チンです。シャンプーを買う必要がなくなりますから、シャンプーの(詰め替え)容器のゴミもなくなります。また、最近は整髪料も使ってないので(先日 余っていた整髪料も廃棄しました)、お湯だけでも大丈夫なんじゃないかなと思いました。ちなみに、ボディーソープも毎晩湯船につかってるんだから要らないだろうと、使っていません。

そこで自己流ですが、湯シャンを試してみることに。まだシャンプーが残っているので、シャンプーをする時としない時があるのですが、私の場合、シャンプーがあった方が、髪のまとまりはいいけど、シャンプー無しでもそれほど気にならない、といった感じです。今 使っているシャンプーを使い切ったら、完全に湯シャンに移行できたらいいなと思っていますが、どうなるかなぁ。

ちなみに花王のサイトの「洗髪の歴史」によると、洗髪頻度は昭和30年頃は1回/5日で、1980年代で2~3回/週だったようです。

blog.ariri-simple.site

blog.ariri-simple.site