すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『北欧女子オーサ日本を学ぶ』

日本食のマナー、日本語、お付き合いの作法、お金の習慣のそれぞれについて、専門家の先生から、オーサが学びます。なんとなく、こういう場面ではこうするけれど、その理由とか由来までは知らないということは多いです。英会話教室に通っていた時、「どうして?」と聞かれて、答えられないことが結構ありました。ちゃんと日本のことを答えられるようになりたいです。

 

ところで、「ご苦労様」と「お疲れ様」の使い分けについて。「ご苦労様」は目上の人が下の立場の人に使うもので、一方の「お疲れ様」は、下の人が上の人に使ってもいいのだと思っていました。しかし、「お疲れ様でした」も上の人から下の人に使う言葉だそうで、目上の人には「ありがとうございました」や「失礼します」というのが正しいそうです。ずっと勘違いをしていました…。日本語 難しいです…。

日本では、まだまだ現金文化ですが、オーサの地元スウェーデンでは、ほとんどもう現金を使わないそうです。以前、『稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?』を読んで、お財布はお金にとってホテルみたいなもの、そしてお札はVIPだから、VIPの居心地がいいようにと長財布を使うようになりましたが、今後キャッシュレスが進めば、財布についての考え方も変わるかもしれないな、なんて思いました。

テレビで日本好きの外国の方を見たりすると、とても嬉しくなりますが、一方の私は日本しか知らないのに、日本がいいと思っているだけ…。とても視野が狭いんだろうなぁと思います。環境先進国に少し住んでみて、どんな感じか知りたいというのはありますが。