すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『元気になるシカ! アラフォーひとり暮らし、告知されました』

著者はBL&エッセイ漫画家の藤河るりさん。36歳で卵巣癌になり、本書はその治療日記(コミックエッセイ)です。30代になってから、子宮がんと乳がんの検診を毎年受けてはいますが、癌になった場合にどうしたらよいかについては無知でして、とっつきにくい医学書ではなく、コミックエッセイで知ることができるのは、ありがたいと思います。

 

コラムに「医師との話用グッズ」として、質問を箇条書きでまとめたメモとスマートフォンなどのレコーダー機能が紹介されていました。仕事で、メールは形に残るからよいのですけど、電話だと聞かなきゃと思っていたことを忘れていたり、メモはしてても単語の羅列だから、後から読み返して意味不明だったり…。絶対に聞かなきゃいけないことは、事前に書き出しておくようになり、電話終了後、できるだけ早いうちに要点をメモしておくようになりましたが、仕事とはちがい、自分のよくわかってない分野(医学)かつ冷静に聞けない状況でもあると思うので、特に録音はいいなと思いました(←事前に主治医の許可を得て録音させてもらったそうです)。

ネットでいろいろ調べて、悪い情報ばかり…というシーンがあるのですが、これは心当たりのある方が多いのではないでしょうか。私も、どこか調子が悪い時にネットで検索して、悪い情報ばかりが目に入ってしまい…ということがあり、以前、英会話のレッスンでその話をしたら、そういうときはネットで調べたらダメだと言われ、あまり検索はしないようになりました。

幸い、これまで大きな病気にかかったことはありません。今後のことはわかりませんが、体を大事に、そして周りの人を大事に、より良く生きていきたいです。