すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『健康な人はなぜ姿勢がいいのか』

私は猫背で良くないとは分かっているけれど、すごく困っているわけでもないので、気づいたときに姿勢を正す程度。きれいな人は姿勢もいい、というように、姿勢は主に見た目の問題だと思っていたのですが、本書を読んで、姿勢がいいと骨や関節が傷みにくい、酸素を豊富に取り込める、筋肉がこりにくい、神経の伝達が正常にできる等々、私めちゃくちゃ人生損してたじゃん!と思いました…。

姿勢をよくするというと、立っている時にピーンと背筋を伸ばすことをイメージしますが、立った状態で姿勢が悪いという人は少なく、逆に座った状態で姿勢が良い人は少なく、正しい座り方をするということがポイントとなるそうです。私はデスクワークなので、座っている時間が長いですから、姿勢が悪くなりやすい状態も長いということになります。

私は20代の頃に腰の椎間板ヘルニアを起こしてしまいましたが、腰のヘルニアを起こした人は長年にわたり腰を丸めて座っている人が多く、首でヘルニアを起こした人は長年にわたり下を向いていることが多いのが特徴だそうです。同じようにぎっくり腰も、突然なるのではなく、腰に負担がかかり続けて、支えきれなくなってしまったため、ということになります。

猫背が治ることによる効果として、物事を前向きに考えるようになる、幸せを感じやすい、などもあります。姿勢がよいことによって、このような効果があるということは、無意識に関する本で知って、歩くときには意識するようになりました。足元ではなく、周りを見るようになって気づいたことは、歩きスマホでなくとも、下を向いて歩いている人が多いということ。さすがに駅などで急いでいる人は、前を向いていますが。

「姿勢」には、体の構え方と心構えの意味がありますが、良い姿勢はよい心構えにつながるんだなぁとちょっと感動しました。