すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

ちょこっとエコ⑦:電子書籍

私の偏ったエコ愛、エコ偏愛についての7回目です。

海洋プラスチック問題で、プラスチックから紙製に変わったものが色々ありますが、プラスチックも紙も、トータルでゼロウェイストな世の中となればいいなと思います。そんなわけで、今回は紙に注目することに。以前、雑がみの分別について書きましたが、リサイクルは大事だけど、もっと大事なのがリデュース。私にとって、紙のリデュースに効果があったのが、電子書籍です。

 

私が利用している電子書籍は、KindleとBookLiveの2つ。Kindleは、コロナで図書館が閉館していた時にKindle Unlimitedでお世話になりました。今は図書館で借りまくっているので(←あくまで自己評価です)、先月でKindle Unlimitedは退会しました。一方、BookLiveはNHKラジオ講座のテキストを毎月購入しています(たまたまKindleよりBookLiveの方を先に利用していたため)。紙の方が見やすいのですが、電子書籍の方がちょっと安くて書店に行かなくても買えますし(在庫の心配もなし)、また、テキストがたまってきたら、資源ごみで出すという手間もなくなりました。エコというと、昔からあるものの方が良いというイメージが強いですが、新しいものの方が良い場合もあるんだなぁと思います(電化製品は新しい方が省エネですし)。

 

電子書籍→ペーパーレスといえば、家の中より職場の話になるかと思います。以前に比べてペーパーレス化が進んでいるかというと…、紙に印鑑押して出す書類は減っておらず、あまり変わらないような気がします。とはいえ、自分でできる範囲での紙使用量削減として、以下を気を付けています。

 ・印刷する必要があるか考える

 ・できるだけ白黒、両面、複数ページを1枚にまとめて印刷

 ・保管する予定がないものなどは裏紙に印刷

その他としては、裏紙をメモ用紙にしていますが、裏紙がたまり過ぎると大変なので、まずは裏紙がでないように気を付けています。大学生の頃は、家でも裏紙をカッターで小さく切ってメモ用紙を作っていましたが、そもそも家の中でメモすることがほとんどないので、やめました。

それから、紙の削減にはならないですが、要らなくなった書類はできるだけ早く処分するようにしています。機密書類の捨て方として、シュレッダーにかけるか、機密書類用の段ボールに入れて業者で処理してもらう方法があります。シュレッダーにかけた方が安上がりですが、処分しなければならない書類が大量にあると大変で、そういう場合は、機密書類の箱へ…となります。そうならないためにも、日頃から要らないものはためないようにしなくちゃ!と思っています。

 

以上、今回も私の偏ったエコ愛、エコ偏愛にお付き合いくださり、ありがとうございました。