すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

はじめてのスマートウォッチ

睡眠の質を測るためにスマートウォッチが欲しいと思って、しばらく経ちます。なので、この気持ちは本気とみなして、そろそろ買おうかと重い腰を上げました。

スマートウォッチ、高いイメージがありましたが、amazonなどで数千円程度で買えると聞いて見てみると、確かに色々あります。数千円なら買ってもいいかなと思えますが、なかなか実物を見ないと踏み切れない私。

先日、別のものを買うために寄った家電量販店で、スマートウォッチを見てみると、あまり種類もなく、お値段も安いものでも2万円以上…。それなりに知名度のあるメーカーのものしか置いてなかったのかもしれませんが、店頭で買うというのは選択肢が狭くなってしまうんだなぁと実感しました。

はじめてのスマートウォッチ。せっかくなので、良いものを買うという考え方もあると思うのですが、私の場合、奮発して買ったものに限って、はじめのうちはよく使うものの、2~3年で手放していることが多いように思います。「奮発して」という時点で、無理があるということなのでしょうか…。しかも、はじめてのモノですから、使い勝手とか、自分にとって何が外せなくて、逆に無くてもよい機能もよくわかりません。今の時点でこれだけは!というのが、睡眠の計測ができて、電池の持ちが良いこと。その結果、選んだのが下の画像のものです。

 

 

さて、商品を受け取った日の夜、さっそく装着して寝て、翌朝、睡眠の結果を見てみると…。浅い眠りと深い眠りが表示されるのですが、浅い眠りばっかり。最近、けっこう夜中に何度も目が覚めるしなぁ、やっぱり良くなかったか…と。見える化、大事ですね。

あとは長座注意の機能も、デスクワークの私にはありがたいなと思いました。睡眠が改善されるよう、しばらく試行錯誤したいと思います。