すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

自分へのごほうび、やめました。

スマートウォッチを買う際、奮発して買ったものに限って、けっこうすぐに手放していることが多いため、高いものは選ばないようにしました。以前は「自分へのごほうび」と称して、背伸びしてちょっといいもの(スイーツ含め)を買ったりしていたのですが、最近、卒業しました。

「自分へのごほうび」って、自分にとっては高いものを買う時の体のいい言い訳、売る側にしては高いものを買わせるための売り文句だと思ったのが理由の1つ。

もう1つ理由があって、「自分へのごほうび」って、つまり「がんばった自分へのごほうび」ということだと思うのですが、「頑張った」って主観的だと思います。そのため、本人は頑張っているつもりがなくとも、周りからは あの人すごい頑張ってるよね、ということもあれば、逆に 本人はすごく頑張ったつもりでも、周りからは そのぐらい普通だよね、というケースもあると思います。

自分が好きなこと、得意なことに関しては、本人には頑張っているという意識はなく、でも、周りから見たら すごく頑張っている、あの人すごい!という印象になるかと思います。そして、やるなら、自分の好きなこと、得意なことをやりたいと思います。

だから、頑張るってことは無理している状態なのではないかと思うようになりました。無理している状態ですから、その穴を満たしてくれるものが欲しくなります。でも、根本的には満たされませんから、また次のごほうびへと続いていくのではないでしょうか。

自分へのごほうびをやめて、買い物の失敗が減ったように思っています(残念ながら失敗はゼロではないですが…)。