すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『究極の きくち体操』

「きくち体操」という名前は聞いたことがあって、どんなものだろう?と気になったので、図書館で本書を見つけて、これか!と手に取りました。きくち体操は、表紙の菊池和子さんが50年以上前に創始したもので、直営スタジオとカルチャーセンターで教室を展開されているそうです。教室が近所にあれば、ぜひ行ってみたいと調べてみると、残念ながら近くにはありませんでしたが、YouTubeでチャンネルがありました!

 

きくち体操の基本のポーズである「長座」。やってみると、膝の裏を伸ばしつつ、お腹を引いて…、なかなか難しくて、ちゃんとできませんでした。体の悩みごとに効果の高い動きが紹介されており、できないなりに全部やってみましたが、日頃使ってない筋肉がいかに多いか思い知らされました。

以前は走ると右膝が痛くなったのですが、ここ最近は1時間ぐらい椅子に座っていただけで、立った時に右膝が痛くなるように。そのため、できるだけ座り続けないようにしています(1時間座りっぱなしだとスマートウォッチに怒られます…)。座り過ぎはよくないので、定期的に立つようにするのはいいのでしょうが、あくまで対処療法で、このままこうして付き合っていくしかないのかなと思っていました。

ところが、本書を読んで気づいたのが、自分では普通に立っているつもりでも、痛くない左足の方は膝裏が伸びているのに、右足の膝裏は伸びていないということ。もしかして、膝裏をしっかり伸ばせるようになれば、膝の痛みも緩和されていくかも?と思い、その後、気づいたときには膝裏を伸ばすようにしています。

色々な動きがあって、全部マスターするのは難しそうですが、腹筋とお尻の筋肉を重点的に鍛えようと思いました。今年も、健康に過ごせますように。