すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『忘れ物が届きます』

たとえば中学生の頃にあったちょっとした事件。いろいろ噂にはなったけど、結局のところ真相は闇の中…。あれ、何だったんだろうね? ということは、思い起こせば誰にでもあるのかもしれません。すっかり記憶から抜け落ちていた、そんな忘れ物が届きます。表紙の絵は可愛いのですが、なにやら怪しい雰囲気もあって。

 

私の忘れ物は何かな?と遠い記憶を掘り起こしてみると…。事件というほどではないですが、結局、誰だったんだろう?と思うことが1つあります。中学1年だったと思うのですが、「りぼん」の応募者全員プレゼント(実際のところは、切手を同封するのでプレゼントではないのでは?と思うけど…)でもらった小さいトートバッグ。それにホッチキスなどの文房具を入れて、机の横に掛けておいたのです。そこから文房具を取り出して使うのを楽しみにしていたけれど…。気付いたときは、バッグごと無くて。最初は、誰かが借りたのかな?とか、そのうち戻してくれるよね、とか思っていましたが、結局戻ってくることはありませんでした。まぁ、盗まれたというだけなのですが、当時の私は、そこで騒ぐことも、誰かに相談することもなく、「まぁ、いいか」と自分の中に抑えてしまいました。小学校は小さいところだったので、それまで「盗む」とかは無くて、そういうことがあるんだと知ったのもショックでした。

自分の不用心もあるのだけれど、その当時と同様、どうしても犯人を捕まえたいとかいう思いはないのですが、どうして盗んだのかな?とか、私が騒がないのをどう思ったのかな?とか、そういうのは今でも気になります。まぁ、もう昔のことなので、どうこうするわけでもないですが。

文庫版はこちら↓