すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『生き方』

先月読んだ『心。』と重なるところも多く、理解が深まるとともに、大事なことは変わらないんだなと思いました(『心。』より本書の方が古いですが)。

 

著者、稲盛和夫さんはもちろん、奥様も素晴らしい方だなと思いました。ある朝、社有車に迎えに来てもらった際、奥様も所用で出かけることがあり、途中まで乗っていけと気軽に声をかけたそうなのですが…。奥様の返答は、「ついでだからといって社有車を私用で使ってはならないと、以前、あなた自身がおっしゃっていましたよ。公私のけじめは厳しくつけろって―ですから私は歩いていきます」

ついでと言えばついでだし、減るもんじゃないし…なんて思ってしまいますが、他人からしたら、社長の奥さんはずるい、みたいな感じにもなるかもしれません。単身赴任の方で、月曜もしくは金曜に出張を入れたがる方がたまにいらっしゃいますし、周りも気にかけて、会議の日程を月曜もしくは金曜に設定したり…ということもありますが、どうなのかな?と思ったことは何度かあります。確かに家族と週末を一緒に過ごしたいというのは分かるのですが、単身赴任手当もあることですし、「偉い人ほど好きな時に出張を入れられていいよね」と同僚と話したこともありまして…。

利他の心を持ち、三毒を断ち切るよう、できるだけ努めたいと思いますが、利他は広い視点で考えないと、利己になってしまう可能性もあること、注意したいと思いました。会社のためという利他の行いも、自分の会社さえ儲かればよい、となるとエゴになってしまいますし、同じように家族のための行いも、自分の家族さえよければいい、では利他とは言えません。まっとうに生きるって難しいですね。

blog.ariri-simple.site