すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

がら紡ふきんデビュー

年末年始の休暇中に食器用洗剤を使い切ったので、がら紡ふきんデビューしました。軽い油汚れなら、洗剤不要です。でも、ギトギトの油汚れには?ということで、重曹を使いやすいように小瓶に入れてセット。小瓶はもともと胃薬が入っていたもので、期限切れとなっていたので、中身を廃棄。そして、油汚れには重曹もいいけど、熱湯もよく落ちますし、意外と食器用洗剤なくてもいけるんだ!と知りました。

f:id:Ariri:20210117054922j:plain

がら紡ふきん(化粧落とし用を使用)と重曹

そして、もう1つキッチン周りで減ったものがありまして、それは排水溝の水切りネット(ストッキングタイプ)。こちらも年末年始の休暇中に使い切ったのを機にやめました。その代わり、排水溝の蓋を外して、気づいたときにゴミを取って捨てるようにしました。

お風呂の排水溝の蓋も外していて、お風呂上りに髪の毛を取るようにして、掃除が楽になったのですが、キッチンの排水溝は蓋があって当然と思っていました。しかし、「プラなし生活」の記事を読んで、要らないじゃん!と思うように。でも、水切りネットがまだまだ残っていたので、これを使い切るまでは…と。そして、ようやく使い切ったので、こちらも卒業。蓋の掃除がなくなった分は、掃除が楽になったでしょうか。一方、お風呂の排水溝の方も、蓋がなくなった分、掃除が楽になったのですが、湯シャンによりシャンプーの使用頻度が減ったら、さらに掃除が楽になったように思います。そして、最近、トイレットペーパー以外の日用品をあまり買わなくなったなぁ…と。

lessplasticlife.com