すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

つい、いつものクセで

緊急事態宣言の最中ですので、出張はめったになく、職場にお土産のお菓子が置かれることもほとんどなくなりました。しかし、先日、久々に出張に行った方のお土産が打ち合わせスペースに。

シュガーフリーを意識しているので、お菓子は頂かないのですが、食べ終わった後のゴミがどうしても気になる…。箱は紙なので資源ごみとなりますが、あまり気にせず、燃えるゴミに捨ててしまう方もいます。とはいえ、職場の中でそれを気にしているのは、おそらくゴミ変態の私だけでしょう…。物腰柔らかく言えればいいのですが、私の場合、おそらく責めるような言い方になってしまうだろうから、お菓子の残りが少なくなったら、残りをカゴに移して、包装紙やら箱やらを朝ほとんど人のいない時間に片づけてしまいます。

先日も、もう自己満足の領域ですが、箱をたたんで資源ごみの方へ入れ、さらに中のプラスチックのトレーはそのままだと嵩張るので、ハサミで半分に切ってゴミ箱へ。このトレーを半分に切ったのを職場の方が見ていて、「すごいですね」と感心されてしまいました。「このままだと嵩張るんで」と返しましたが、ついつい家でのクセが職場でも出てしまったわ…と。でも、ハサミをほんのちょっと入れるだけで、ゴミの嵩が減るんです。やめられないんです。でも、面倒であることには変わりはないので、簡易包装が一番なんですけど。