すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『スープ屋しずくの謎解き朝ごはん 心をつなぐスープカレー』

シリーズ第6弾です。主要参考文献の中にテレワークに関する本があり、時代だなぁ~と思ったのですが、最後「やられた!」と思いました(カバーイラストもそういうことね…と)。ちなみに、他には『カリカリベーコンはどうして美味しいにおいなの? 食べ物・飲み物にまつわるカガクのギモン』という本もあり、化学同人でそういう本もあるんだ~と思いました。

 

久々の本シリーズ。残念ながら、家の近所にも会社の近くにも、スープ屋しずくのように朝も営業しているお店はないので、自分で用意するしかないのですが…。それでも、大したものは作れなくても、食材や調理器具を丁寧に扱い、できれば食器にもこだわったりして、美味しく味わって食べるようにしたいなと思います。毎日、美味しく食べられて、ぐっすり眠れたら、これ以上の幸せはないんじゃないかとよく思います。

デリバリーに関するお話の中で、一人暮しの高齢者が多い地域からの需要はあるものの、そのお店からは配達に時間のかかる場所でと板挟み…というのがあるのですが。最近、スーパーやドラッグストアで年配の方のカゴをちらっと見ると、菓子パンやお弁当が意外と多いなという印象を受けます。お手軽で無駄もないかもしれないけれど、なんとなくいいのかなぁ…と思ってしまいます。

さて、理恵の恋の行方がずっと気になっているのですけど…。いい感じなんだけどなぁ。