すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『その旅お供します 日本の名所で謎めぐり』

神楽坂にある そのバーの名前は「トラベラー」。元々は旅行好きの夫婦が定食屋をやっていましたが、店主の希望でバーに生まれ変わった店。その店の常連客であり、歴史学者である梓崎は、他の客が抱えた疑問を解決してくれるのですが、それはなんと旅に同行してまでで…。

 

一話目の舞台は厳島神社。そう遠くはないところに住んでいたことがあるので、何度か行ったことがありますが、揚げもみじが美味しかったなぁ~と食べ物の記憶が一番で…。子どもの頃から歴史がさっぱりでして、その割に日本の城が好きだったこともありますが、ただただ景色を楽しんで終わりで、もったいないことをしてるんだろうなと。そういえば、小学校や中学校の修学旅行では、事前に何やら調べさせられたなぁ…(受け身)。プライベートで唯一、予習してから旅に臨んだのは、幕末好きの友人と行った京都。司馬遼太郎の『燃えよ剣』を読んでから行ったので、ここを昔あの人も歩いたのだろうか…と思いを馳せました。

まだ旅行にはなかなか行けないですが、きっと近所にも知らないだけで興味深いところがあるはずと思うので、まずは身近なところを探索しようかなと。以前、千葉市の観光ボランティアをやっている方に、案内をしてもらったことがあるのですが、ふだん何も知らずに素通りしている場所がたくさんありました。