すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

できるだけお金で解決しない

実家は路線バスが1日に数本しかない田舎。高校生の頃、授業が半日だけだったのか、早く帰れる日だったものの、バスはない時間で、両親ともに仕事で迎えにきてもらえない状況の日がありました。図書館の自習室で時間を潰すという手もあったんじゃないかなとも思いますが、試しに駅からタクシーで帰ってくるように、事前に二千円渡されていました。

高校生一人でタクシーに乗るなんてとドキドキしました。とは言え、運転手さんは言われたとおりにタクシーを走らせ、無事に到着。夕方、母が帰宅して、「タクシーいくらだった?」と聞かれた時、領収書をもらい忘れたことに気付きました。領収書がなければ証拠がない、領収書をもらい忘れたのは私のミスだ…と思って、テーブルの上に二千円を返却しておいたら、母から怒られました。「お金で解決しようとするな、あんたのそういうところは良くない」と二千円は戻ってきました。

 

話は変わって、ゴミ変態の私は、ゴミの多さはムダ(資源の無駄遣い)の多さだと思っていますが、最近、ゴミの多さは時間や余裕のなさのバロメーターでもあるかなと思うようになりました。例えば、マイボトルの方がゴミが出ないだけでなく、安上がりですが、時間がなかったり忙しかったら、自販機やコンビニで買ってしまった方が楽です。特に使い捨てのものは、便利さ、すなわち時間をお金で買っているようなものではないかと思います。以前住んでいたアパートは、スーパーがすぐ近くだったので、会社帰りにお惣菜(値引きシールつき!)をよく買ってましたが、その頃は、そのお惣菜の入っていたトレーのゴミが多かったように思います。今は週末作り置き+平日1日作る日があるぐらいですが、自炊の分、ゴミは減りました。平日は温め直す程度で以前と変わらず、違うのは休日の時間の使い方で、テレビを見る時間が減ったのと、休日でも平日とほぼ同じ起床時間になったことかなと思います。

 

タクシー代の二千円とゴミの多さとはちょっと話が違うと思いますが、できるだけお金で解決しないようにしようと近頃 思いました。