すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

使いかけの洗剤とか

遺品整理の本の影響で、片づけ欲が増加中の今日この頃。もし、明日この世にいないとしたら?と、それほど本気では想像できないですが、それでもちょっとは遺品整理する人の立場を想像し、部屋にあるものを見てみると…。

日々の生活の中で現在使用中のものは要るものなので、それらを無理に減らす必要はないとして、今の時点で要らないものそんなにあるかなぁ?と思っていたのですが…。ごめんなさい、嘘つきました。要らないもの、そこそこありました。

それは何だったかというと、使いかけの洗剤。数年前の私は、こういうのがあれば便利かも!と購入したはず。しかし、もともと掃除嫌いのわたしは、それを使い切るよりもだいぶ前の段階で使わなくなり、でもまだ残っているので、いつか使うかもと保管。そして、洗剤をあれこれ揃えるよりも、重曹クエン酸とかで十分だ!と思うようになったりして、さらに洗剤の出番なし…。

今回処分した1つの洗剤は、以前見たときには、もっと残量があったと思うのですが(だから捨てられずにいたはず)、ほぼ空に近い状態になっていて、あまりに放置してたんで揮発しちゃったのかな?と。そして、キッチン用の消毒スプレーがあったことを失念。棚の奥にしまわれていたのではなく、毎日使っている引出しに入っており、もう景色の一部になっちゃってたんだなと。

去年の春ごろには入手が難しかったマスクですが、布マスクを使用しているので、会社で支給された不織布マスクがそこそこたまっているなぁということにも気づいたり。去年、母が送ってくれたアルコールのウェットティッシュも未開封のものがまだあるし…。なんということでしょう。

定期的に見直して、使い切るようにしたいと思います。まだまだミニマリストにはなれません。