すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『あなたの人生、片づけます』

片づけ屋の大庭十萬里。たまたま十萬里のブログを出版社の人が見つけたのがきっかけで『あなたの片づけ手伝います』という本を出版。その後、テレビにも出演。部屋だけじゃなく人生そのものを整理してくれると熱狂的ファンも。さて、今回の依頼主は?

 

掃除は苦手だけれど、片づけは好きでして、整理収納アドバイザー1級を昨年取得。と言っても資格を取っただけの状態ですが、いろんなお宅を見てみたい!と思っていましたし、今でも思っているのですが、最近はゴミの方に興味が行きつつありまして…。ゴミを見れば暮らしが分かる!世の中が分かる!と、副業OKならゴミ収集を一度やってみたいと思ったりしています。

話がゴミに行ってしまいましたが、モノがちょっと多いとか、埃が溜まっているとか、ごく普通の家庭なのではないかと思います。でも、それが度を越した状態であったならば…。モノ(他人から見たらゴミ?)が多いのは、もちろん問題だけれど、それよりも隠れた本当の深層原因の方が重要で、それを解決しないことには、部屋を一時的にきれいにしても、またすぐに元に戻ってしまうのでしょう。片づけとは「カタをつける」ということなので、部屋の片づけは、すなわち人生のカタをつけることにつながるのでしょう。

本書では4つのケースが出てくるのですが、いずれも依頼主は本人ではなく、親だったり娘だったり。そして、本人自身は片づけ屋が来ることを迷惑に思っています。なぜなら、問題があるとは思っていないから…。

度を越えた状況ではなくても、片づけって、身内から言われると嫌なもので、逆効果になったりするので、プロに頼む方がいいんだろうなぁと思いました。

 

文庫版はこちら↓