すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

人生最後のゴミの日

今日も引き続き、片づけについてです。

先日紹介した『あなたの人生、片づけます』の中に「もしも明日が人生最後のゴミの日だとしたら、どうします?」というセリフがあります。地球温暖化対策として、資源を有効活用し、できるだけゴミを出さないというのもありますが、日本の最終処分場の残余容量は厳しい状況で、残余年数は20年程度ですから、ゴミを捨てるのはますます大変になるかもしれません。

明日が人生最後のゴミの日だとしたら…と問われて、真っ先に思いついたのがテレビ。まだ使っていますけど、もう出せなくなるとしたら、場所も取るし、使用頻度が低いから多分なくても大丈夫だし…。少なくとも、時代を巻き戻せて、家電4品目になる前、まだ今月中なら粗大ごみで出せます!ってなったら、迷わず出します、きっと。

真っ先にテレビが思い浮かんでしまいましたが、最後のゴミの日というのが、ゴミを回収してくれるのが最後というのではなく、何らかの理由により、自分自身がゴミを出せるのが人生最後であるならば、テレビよりも他人に見られたくないものを捨てるかもしれません。はたまた、引っ越しにより、ここでゴミを出せるのが最後となれば、使っていないものは可能な限り捨てたいと思うでしょう。これが最後と仮定してみれば、捨てればいいって分かっちゃいるけど…と今まで目をつぶっていたものも、えいやっ!と重い腰を上げられるかもしれません。

ゼロ・ウェイストが理想ですが、まったくゴミを出さないというのは現状ではなかなか難しい…。できるだけゴミを出さないで済むように、すぐにゴミとなるようなものは買わない、もらわないようにしたいと思います。