すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『あなたとオムライス 食堂のおばちゃん8』

『食堂のおばちゃん』シリーズの第8弾です。次の作品もすでに図書館で予約済みですが、今回の舞台は2020年の2月から夏まで。1年前を思い出しながら読みました。『婚活食堂』の方ではコロナはなかったのですが、「はじめ食堂」の方はどうだろう…、一子は高齢だし大丈夫かしら…と気になっておりました。こちらの作品ではコロナのことも書かれていて、物語とはいえ、一緒にこのコロナ禍を乗り越えているんだ!という気分になりました。

 

本書のタイトルにもなっている第五話の「あなたとオムライス」。どうして、あなたとオムライスなのかは、読むと「いいなぁ~」と思いますが、同じく第五話にスタミナのつく食べ物についての話が、「ほぇ~」と参考になりました。スタミナがつくものと言えばお肉とか鰻とか思い浮かべますけど、そうとばかりも言えないようで…。その国の伝統食なんじゃないかっていうのは、なんとなく分かる気がしました。例えば、日本だと猫は魚が好きなイメージですが、海外ではそうではないですし、住むところによって違うのだなぁと。

食に対する関心・執着が薄いのか、思い出の味とか、これを食べるとあの頃を思い出すといったことがあまりないのですが、1つありました。それはブツ納豆。正しくはマグロ納豆というのでしょうか。マグロのブツ切りに納豆をあわせたもの。腎臓移植手術のため母と兄が入院中、父と二人暮らしの時に食べました。マグロも納豆も大好物ですが、あわせて食べたのはその時だけだから、印象に残っているのでしょうか。

さて、本書では「はじめ食堂」の常連の一人の両親が代理婚活の会に入会して…。なんだか『婚活食堂』に似ているようで、でも、そこはやっぱり「はじめ食堂」でして。また、『うちの子が結婚しなので』を思い出したり。