すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

8週間ぶりのゴミ出し

じわじわと燃やせるごみのゴミ出し間隔がのびてきまして、先日、8週間ぶりのゴミ出しとなりました。以前は2週間ぐらいだったので、ゴミ出し頻度が4分の1になった!と嬉しくなりました。もちろん1日あたりのゴミの量は減りましたが、できるだけ嵩張らないように、空隙率を下げるように、袋状のものは小さくたたんで、箱状のものなどはハサミで小さく切っておりまして、ゴミがしっかり詰まっているというのもあります。なので、ゴミ袋 1袋あたりの重量は増えました。

さて、8週間ぶりのゴミ出しの際、アパートのゴミ置き場には別の方の出したゴミ袋が2つ。1つは何やら詰まっていましたが、もう1つの方は、私と同じ「小」サイズのゴミ袋でしたが、まだまだゴミ入れられるよ?という状態。さらに紙らしきものが見え、機密書類ではなさそうだし、「あぁ、雑がみで資源ごみになるのにぃ~!分別をきちんとすれば、もしかして、このゴミ袋もっとスカスカになるんじゃない?」などと他人様のゴミでその後しばらく悶々とする有様。職場のゴミ箱も、燃やせるごみの中に、新聞紙やお菓子の紙の箱などが入っていて、雑がみの存在ってあまり知られてないんだなぁと思います(新聞紙は古紙回収していると認識している人が多いと思うけど…)。発泡トレーもスーパーで回収しているけれど、持って行くのが面倒臭いってなったら、燃やせるごみに出しちゃうでしょうし…。

他人のゴミが気になり、ゴミの分別が苦ではなく、意外と楽しいと思っていたりする私は、やはりゴミ変態なのでしょう。

f:id:Ariri:20210627082813j:plain