すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

「いちじよじ」と食塩水

夏と冬だったら、冬の方が好きでして、特に冬の布団の中は天国だと思います。一方、夏の寝苦しい夜は辛く、睡眠不足になりがちです。

夏の暑い日に思い出すのが、昔ながれていた東京電力のCMで「♪いちじ よじ いちじ よじ とっても暑いの いちじ よじ♪」というもの。このCMの影響で、一日の中でも暑いのは13~16時という認識ができ、休みの日などはその時間帯に外に出るのは避けるようにしています。

そして夏といってもう1つ思い出すのが、小学生の頃に塩水の入った水筒を持たされたこと。毎年ではなく、ある年だけだったと思うので、その年は猛暑が予想されていたのか、それとも熱心な先生がいらっしゃったのでしょうか。しょっぱかったという印象なので、ただの塩水だったと思うのですが、経口補水液は自分でも作れるよなぁと調べてみると、塩だけでなく砂糖も入れるようですね(水1リットルに対して塩3g, 砂糖40gぐらいのよう+お好みでレモン果汁)。どんな味になるんだろう。シュガーフリーのため、我が家には砂糖はないので、砂糖入りの経口補水液は作れず、休日はただの食塩水を水筒に入れて、ちょこちょこ飲んでいます。しかも、ズボラな私はちゃんと塩を計量しておらず、食塩水というよりは、ほぼ水のような…(スポーツしておらず、活動量が少ないのでいいかなと勝手に解釈して…)。

先日の朝、散歩中に日陰で猫がどで~んと伸びてました。邪魔しちゃいけないと思いつつ、あぁ、でも写真撮りたい!と、そぉ~っと近づくと、「ん?」と起きかけたのですが、すぐに元の体勢に。お言葉に甘えて(←わたしの勝手な解釈)、撮らせていただいた写真をみなさまと共有。この写真で「うちの近所のミーちゃんじゃない?」と思う方もいらっしゃるでしょうか。最近、猫と触れ合っていないので、猫の顔の識別能力が低下中です…。

f:id:Ariri:20210723135440j:plain

猫みつけ 心がおどる 朝の散歩