すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『ホームズの娘』

『ルパンの娘』シリーズの第3作です。『ホームズの娘』とあるように、今回は探偵一家の娘、北条美雲の禁断の恋の行方。恋した相手は泥棒一家の息子の渉。結婚へ向けての話は、本当にいいの?と思うぐらい順調に進むのですが、やはり障害が立ちはだかるわけで…。そして、もう一人のLの一族から、和馬に挑戦状が届きます。今回も、ところどころニヤニヤしながらノンストップでした。探偵一家の北条家もキャラがかなり濃いですし。続き(→『ルパンの星』)も気になって、早速予約しました。

 

今回は事件がたくさん起こるし、話はどんどん進んでいって、事件自体は前回からさらにパワーアップしているように思いますが、一方、桜庭家(は今回は登場が少ないけれど)も三雲家も北条家も、それぞれ個性的ではあるけれど、なんだかんだいって家族のことが気になって好きなんだなあと思えるのがいいです。他の家族のことはわからないけれど、うちの家族もだいぶ変なんだろうな…。

ドラマは見ていないので、ドラマとの違いは分かりませんが、本当にエンターテインメント!といった感じで楽しく読めます。泥棒は犯罪ではありますが、この話に出てくる泥棒には憧れちゃうんですよね。家族として一緒に暮らすなら、いろいろ思うところはあるかもしれないですが…。