すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『ただいま神様当番』

バス停の名前は「坂下」。7時23分の発車時刻に合わせて集まる固定メンバーは、20代のOL、小学生の女の子、男子高校生、外国人教師、ワンマン社長の5人。その日、バス停に一番乗りにやってくると、バス停に置かれていたのは、ちょうど欲しいと思っていたもの。そして、そこには「おとしもの」と付箋が貼られていて…。

 

ついつい、うまくいかないのは周りの環境のせいにして、自分のことは棚に上げて、妬んだり、僻んだりしてしまうことがあるけれど、ちょっと見方を変えるだけで、そして少し行動に移すだけで、世界は変わるかもしれないなと思いました。「怖いものなんてない人より、本当は怖いのに立ち向かってく人のほうが、何倍も強いよ。それを勇気って言うんだと思う」などなど、心に響く言葉がいくつもあって、何度か泣いてしまいました。年かな。

中学高校の頃はバスを使っていたけれど、今は電車通勤です。たまに時間を変えることもあるけれど、大体いつも同じ電車の同じ車両に乗っており、そして同じ電車に乗る人たちもだいたい同じメンバーです。朝だけでなく帰りも同じ電車で見かけたりすると、このぐらいの勤務時間なんだなぁ、でも会社はどのあたりだろう?と気になったり。時差出勤のため、以前に比べると早い時間となっているのですが、以前だったら出張で早く出かけなければならない時ぐらいしか使うこともなく、この時間帯が普通の人もいるんだなあと思ったりしていました。

そういえば、電車だけでなく通勤途中に見かける人もおり、休日、家族でお買い物中のところを見かけたりすると、「あぁ、パパさんなんだなぁ」とか思ったり、スーパーのレジのおばちゃんを違うところで見かけて、「絶対どっかで見たことあるんだよね」と頭をひねったり。お互い、それぞれの暮らしの中ではエキストラとして登場しているわけで、なんだか不思議というか面白いというか。

うちの父は若いころに東京に少しだけ暮らしていたことがあり、そのとき山手線を使っていたようなのですが、毎朝同じ時間に行っても、同じ人を見かけなかったとのこと。よくよく見たらいつも同じ電車の人もいたんじゃないかとも思うのですが、東京ってすごいなぁ…と。