すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

人形劇かアニメか。そして屯田兵。

先日、職場で新聞を見ながら上司と話していた時のこと。新聞の記事の中に「百花繚乱」との文字があり、上司が「あぁ」と納得していました。

 わたし:(百花繚乱の文字を指しながら)これって、どういう意味ですか?

 上司:え?うーん、三国志だよ

 わたし:え、三国志?あぁ、横山光輝ですね!

 上司:いや、人形劇でしょ

 わたし:いや、私が子どもの頃は横山光輝のアニメやってました

 上司:いやー、三国志っていったら人形劇でしょ

と世代の違いの話になってしまい、結局、意味が分かったような、分からないような…。なので、あとでググって、あぁ、そういうことね、と。今後、百花繚乱の文字を見た際には、三国志横山光輝の方)と思うことでしょう。

 

これで思い出したのが、友人のお母さんの話。「A社は業界のパイオニア」みたいな話の中で、友人が「お母さん、パイオニアの意味ちゃんとわかってるの?」と聞くと、お母さんの答えは「屯田兵ってことでしょ」と。屯田兵はパイオニアであっていると思うけど、英文の和訳で「屯田兵」って書いたらバツだよな…と思ったり。それまで、パイオニアの意味としては「先駆者」と思っていましたが、この話を聞いて以降、私の辞書の中には「屯田兵」というのも追加されました。そして、この話を聞いたのはだいぶ前なのですが、いまだに思い出すと笑ってしまいます。

人によって言葉から連想するイメージが違うんだろうなと思うと、ぜひいろんな人の言葉のイメージを聞いてみたいです。