すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『下町和菓子 栗丸堂5』

これまでタイトルを省略しておりまして、正しくは『お待ちしております 下町和菓子 栗丸堂』でして、このシリーズは本書が最終巻となります。そして、この次に『いらっしゃいませ 下町和菓子 栗丸堂』シリーズが始まっています。

 

さて、最終巻に登場する和菓子は、若鮎、かき氷、大福。若鮎は、月に一度の和菓子の日(←私が一人で勝手にやっているもの)で、5月末と7月末に食べたので、知ってる!と嬉しくなりました。一方、かき氷は、私あまり好きではないんです…。嫌いではないけれど、かき氷よりはアイスの方が好きだけど、そのアイスでさえ、最近は食べたいと思わなくなりまして。

アイスは子どもの頃に、大容量のパックを買って、毎日楽しみに食べていたこともあるのですが、あまり食べる習慣がないといいますか。以前、霜取りが必要な小さな冷蔵庫を使っていた時のこと。霜取りをサボっておりまして、さすがにこれは…と思い、霜を溶かすためにちょっとコンセントを抜いておこう…とコンセントを抜いたのをすっかり忘れており、そういう時に限って、珍しくアイスを買っていて…。バカバカバカ‼と自分を罵って、アイスを廃棄した苦い思い出があるので、それ以降ちょっと。。

そして、大福ですが、こちらは栗丸堂だけあって(?)、栗大福なんです。いちご大福は嫌いじゃないけれど、苺と大福は別に食べたいと思っている私ですが、栗大福は好きな気がします。栗大福が食べられるか分かりませんが、栗大福に限らず、栗の季節が楽しみです。旬があるっていいですね。