すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『ミチルさん、今日も上機嫌』

ミチルさん、45歳、バツイチ、子なし。中学2年の冬からずっと付き合う男が途切れたことがなかったが、3カ月前にフラれてしまい…。さらに仕事も失って…。

 

ミチルさんはバブル世代でして、バブルの頃の話も出てくるのですが、消費税導入前、物品税なるものがあったとは知りませんでした。消費税導入自体は覚えていますけど、子どもだったので、物品税がかかるようなものとは縁がなかったからなぁ。調べてみると税率もいろいろだったようですが、一律に消費税がかかるより、贅沢品に課税されるのは悪くないんじゃないかな?と思いました。でも、問題点もあったのかなぁ。

ミチルさん、チラシ配りをしたり、家賃交渉を代行したりするのですが、家賃交渉について、手紙で交渉するといい、内容証明にすれば、値下げが認められた場合、手紙を出した日付までさかのぼって効力があると不動産屋にこそっと教えてもらう場面があり、そうなのか!と参考になりました。ちなみに今のアパートが駐車場付きの物件で、でも、車を手放して駐車場は使わなくなったから、その分、安くならないかな~と電話で問い合わせたことがあるのですが、ダメでした…。

さて、ミチルさん、はじめは大丈夫かしら…と思いましたが、仕事も得て、自分が見られるんじゃなくて、自分より若い子たちを見ていたいと思うようになったり、良かったなぁと思いました。若い頃のようにはいかないことが増えてどんよりすることもありますが、ミチルさんのバイタリティを見習って…。

 

↓文庫版はこちら