すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『あなたに謎と幸福を』

物語は断然ハッピーエンドが好きでして、読後、ぞわ~っとするようなのは苦手で、そのため、怖い話はもちろん、ミステリーもあまり読みません。でも、本書はタイトルに「幸福を」とあるように読後感があたたかいハートフル・ミステリー傑作選。5つのお話が収められたアンソロジーです。ちなみに本書は『あなたの不幸は蜜の味ーイヤミス傑作選』と対となるものだそう。

 

本書のはじめは近藤史恵さんの『割り切れないチョコレート』。タイトルからして、「割り切れない」ってどういうこと?と気になります。文字通り「割り切れない」というのは読めば分かりますが、ふだん「割り切れない」というと腑に落ちないというか、しこりが残るというか、あまりいい意味ではないかなと思いますが、割り切れないこその良さというか優しさがあります。

大崎梢さんの『君の歌』は、『忘れ物が届きます』に収録されている作品で、読んだことがあり、結末もだいたい覚えていましたが、それでも「あぁ、よかった~」とはじめて読んだ時と同じように思いました。

そして最後は宮部みゆきさんの『ドルネシアへようこそ』。こちらは『返事はいらない』に収録されている作品で、これまで2回は読んでいると思いますが、ちょっと結末は忘れていて、その分、フレッシュな気分で読み、あたたかくなりました。宮部みゆきさんの短編集では『人質カノン』に収録されている女性タクシードライバーの『十年計画』が一番印象に残っていて、たまに思い出します。また、読んでみようかな。

長編は読みごたえがあっていいなと思いますが、短編は短いにもかかわらず話が面白いと、うまいなぁ、してやられたり、といった気分に。アンソロジーでは、それまで読んだことのなかった作家さんの作品と出会うこともあり、それもまた楽しいです。

 

イヤミスが好きな方は…