すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『日常は5ミリずつの成長でできている』

表紙の写真とタイトルに惹かれて手に取りました。『暮らしのおへそ』で編集ディレクターとして企画・編集に携わっている一田憲子さんが、自身のサイト「外の音、内の香」で、「日々のこと」として綴った文章を加筆してまとめたものだそうです。自分に対して真摯な方で、丁寧な暮らしだなと思いました。

 

書かれている2020年を、自分の場合はどうだったかな~と思い出しながら読みました。年のはじめのうちは、整理収納アドバイザー1級取るぞ!と意気込んでいて、そのうち、コロナが大ごとになってきて…。去年1年間、自分なりにきっと色々思ったことがあるでしょうが、でも、今となってはもう過去でよく覚えておらず、書き留めないと忘れてしまうんだな…と。このブログ、毎日、アクセス数とか見るついでに「ブログの概要」をこよみモードにして、去年と一昨年の今日、書いた記事のタイトルを見るのですが、そんなこと書いてたんだ~と思うことも結構あります。そして、過去の自分が書いたことに、はっとさせられることも。

タイトルにある「5ミリ」。私の場合は5ミリもないかもしれませんが、いくつになっても、何か新しいことにチャレンジしたり、発見したりできたらいいなと思いました。そのためにはインプットが大事だと思うのですが、ここ最近は本ばっかりで、もっと外へ出て、人からのインプットがあるといいのですが。