すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

レンジ無し生活はじめました②

面倒ではあるけれど、飯がうまい!レンジ無し生活。無理はせず、とりあえず1カ月試してみて、やっぱりレンジがあった方がいいなと思ったら、潔く、新しく買おうと思っていたのですが…。

これまで、週末の作り置きのときに、レンジで野菜を蒸したりしていたので、週末はレンジ使用率が高かったかと思いますが、それでも平均すると1日の使用時間は10分ちょっとだったんじゃないかなと思います。1日24時間に対して、10分ちょっとって稼働率1%程度。残り99%はただの箱です。たとえ1%の稼働率でも、非常時のものだとか、代替品がない場合は、持つ価値があると思うのですが、非常時(例えば停電時)は使えないし、鍋やフライパンで何とかなってるし…。そして、その箱がなくなった分、スペースができて、ちょっと物を置くのにも便利です。

今回処分したオーブンレンジ、取説によると14kg。ギリギリ指定のゴミ袋に入ったので、粗大ごみにならずに済みました。新しく買うなら、コンパクトなものを買うとしても、10~15年後に再び処分するとき、今より体力落ちてる可能性は高いし、ゴミ出しルールもこれから先、ゆるくなることはないだろうし…と。新しく買った時の段ボールやら緩衝材やらを捨てるのも、想像して面倒だなと思ってしまうのですが、レンジ自体を捨てるときはもっと面倒だろうなと思います。

職場の人に「レンジ卒業しようかと思って」という話をしたら、「あんなに熱効率のいいもの使わないなんて」と言われてしまい、やっぱりレンジあった方がいいのかなと揺れたのですが、今のところは、このまま卒業したいなと。できるだけ温め直す頻度を減らすのと、温め直すのに使った水は、洗い物のつけ置きに使ったり、できるだけ無駄のないようにと意識はしています。ただ、レンジとフライパン等で温めた場合の差も、車からのCO2排出量に比べてたら、どんぐりの背比べじゃないかと思うのですけど…。

去年手放した大物は電子ピアノでしたが、今年は電子レンジとなりそうです。残るは炊飯器とテレビでしょうか…。冷蔵庫と洗濯機はまだ私には無理そうなので。