すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

消費をダウンサイジング

昨日紹介した『たのしい不便』の中で、野菜やお米を作るのはハードルが高いですが、これ私もやってるなぁ~と思うものもあり、そういえば最近、日用品をあまり買わなくなったなぁと思ったので、どんなものを買わなくなったかリストアップしてみたいと思います。

 

・液体の衣類用洗剤:洗濯には「ベビーマグちゃん」を使っています。マグちゃんだけだと普通の洗剤ほど汚れが落とせていないかもしれませんが、そこまでしっかりきっちり落とさなくてもいいんじゃない?と思っており、特に問題も感じてないので、マグちゃんのみ。繰り返し使えるのが助かります。

・トイレ用洗剤(液体):クエン酸を水に溶かして、スプレーボトルに入れて使っています。

・排水口の水切りネット:使用後の水切りネットは、スーパーでお肉とかを入れるポリ袋に入れて捨てていたのですが、ポリ袋いらないんじゃない?とスーパーでもらうのをやめ、そうなると、水切りネットも要るかな?と思うように。今は、排水口のゴミは都度取るようにして、汚れが溜まりにくくなったのか、掃除が少し楽になったように思います。

・ラップ類:保存したいものはタッパーを使い、ラップは使わなくなりました。

・フローリング用ウェットシート:掃除機をかけた後に、クイックルワイパーで水拭きしています。以前使っていたウェットシートを使い切った後は、去年4月頃に母が送ってくれたアルコールのウェットティッシュを使っていましたが、それもほぼ使い切ったので、着なくなったTシャツの端切れ(大部分をウエスにした残り)を使っています。なので、使い捨てではなくなりました。

・生理用ナプキン:できるだけ布ナプキンを使うようにしているので、使い捨てのナプキンは、会社など長時間外出するときのみ。そのため、在庫がなかなか減らず、1年以上は買いに行っていません。それから、ナプキンのゴミが出ない(→ゴミの臭いが気にならない)のも助かります。

 

まだまだ探せばあるかなぁ。ファンデーションや美容液も使わなくなって、化粧品も減りました。できるだけゴミを出さないように…と考えると、消費が減るようです。ゴミが減った分、ゴミ袋を買う頻度も下がりましたし。