すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『みとりねこ』

猫づくしの短編集。「旅猫リポート外伝」が2作品収録されているので、『旅猫リポート』をお読みの方は、さらに楽しめるかと思います。ちなみに『旅猫リポート』は、もう涙と鼻水が止まらず…。

猫好きにはたまらない1冊かと思いますが、私が特に好きなのは『シュレーディンガーの猫』と表題作の『みとりねこ』です。『みとりねこ』では、醤油などを手のひらにつけて、ぺたぺた押す癖のある猫が主人公なのですが(この猫のお宅では、この行為を「画伯になる」という)、その癖の理由が分かった時、ほろり。

 

動物とは会話ができないので、どんなことを思っているのか分からないけれど、ちょっと困ったイタズラも、実は飼い主を思ってのことかもしれないなぁ(でも、ちょっとした勘違いなどがあって、結果、困ったイタズラに…)と思いました。

ペットを飼うとなると、自分が先に死んでしまった場合のことを考えて、世話をしてくれる人を決めておくとか、ある程度の年齢になったら飼うことを諦めるとか、人間側としては考えるわけですが、もしペットの方が、たった1日でいいから、飼い主より長く生きられたら…なんて思っていたら、どうなんでしょう。想像したら、泣けてきました。人間同士でも「あの人を一人残しては逝けない」というのはあると思いますが、例えば、親は、子どもがもう十分 大人になったと思ったら、安心して天国に行けるのかな、とか色々考えてしまいました。

いつかは猫と暮らしたい…、でも…、という状態がもう何年も続いています。

 

↓『旅猫リポート』はこちら