すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『大人の片づけ』

片づけは好きでして(掃除は苦手なんですが…)、一時期、よく片づけ本を借りて読んでいましたが、ここ最近はご無沙汰。久々の片づけについての本です。著者は『暮らしのおへそ』『大人になったら、着たい服』などで企画・編集に携わっている一田憲子さん。本書では、整理収納アドバイザーのEmiさんとの対談や、Emiさんと行ったクローゼットの見直し大作戦も載っています。

 

さて、タイトルにある「大人の」片づけ。片づけって、誰にとっても同じじゃないの?と読むまでは思っていました。「できることだけやればいい」というのも、本人の性格に合わせて、片づけやすさを考えれば、そうなるんじゃないの?と。

でも、たとえば20代の頃とは考え方も違うでしょうし、悲しいかな、体力も違いますし。断捨離が流行ったのは、まだギリギリ20代の頃だったと思うのですが、おそらく断捨離がきっかけで片づけが好きになりました。でも、あの頃の片づけと今の私の片づけ、多分、違うんですよね。あの頃は、わーっと捨てて、またしばらくしてから、わーっと捨てて…。今は、片づけは年末の大掃除みたいに一気にやるものではなく(年末の大掃除も、ふだんから掃除をやってれば不要なのでしょうが…)、片づけは日々行うもの、といった認識です。その分、日々の片づけはほんのちょっと。気が向いたときに、書類をざくっと整理したりすることはあるけれど、大きく部屋を変えるようなことはありません。

振り返れば、学生や20代の頃は、友人との旅行も、せっかくだからとあれもこれもと詰め込んでいましたが、いつの間にか、できるだけ厳選して、ゆっくりしたいよね…というふうに。物欲はもともと少ない方だと思いますが、モノに対してもあれこれ目移りしなくなりました。それは年齢を重ねたから…というのももちろんあると思うのですが、私の場合、ゴミ変態になったから…というのも少なからず影響していると思います。あとはテレビをほとんど見なくなったとか。