すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『首こり肩こり解消法』

からだのゆがみ測定の結果から、首や肩のこりを何とかしたい!と思い、知識を得て、意識を変える(→その結果、行動が変わって改善!の)ため、図書館で借りた2冊目です。(1冊目は『肩こりは10秒で治る』)

 

こちらは、特定の方法ではなく、首こり肩こりについて広く書かれているので、はじめに読むのに向いているかと思います。

肩こりの原因の1つとしてストレスもありますが、やはり姿勢の悪さも書かれています。「自然な」動きや姿勢というのは、「理にかなった美しい所作」とのこと。以前、腰痛予防の話で、低いところにあるものを取るときは、前屈みだと腰に負担がかかるので、腰を下ろした方がいいと聞きました。腰を下ろした方が、所作としてもきれいだよな~と思ったので、まさに!と。

首や肩がこると、そこの箇所ばかり揉んだり、動かしたりしますが、他の多くの病気や症状と同じく、血のめぐりが悪いことも原因の1つだそうです。なので、局部の血行不良だけでなく、体全体の血行の悪さを改善する必要があります。

本書では、セルフケアとして、簡単な体操やツボなども紹介されていますが、棒体操をやってみようと思いました。棒は肩幅より1.5倍程度の長さがあれば十分とのことで、傘でやってみました。よくタオルを使った体操などもありますが、棒だとガチっと動かないので、やりやすいかも?と思いました。

また、本書を読んで気をつけようと思ったのが呼吸。「長息」は長生きにつながるとのこと。死ぬまでずっと呼吸はするわけですから、ちょっとの差が大きな差になりそうです。少なくとも気づいたときには、長く吐いて吸うように意識したいと思います。