すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

それは人間が勝手に決めただけ

先日、野菜と果物についての雑談で、農林水産省では「概ね2年以上栽培する草本植物及び木本植物であって、果実を食用とするものを「果樹」として取り扱って」いるとのことで、この定義によるとメロンやイチゴは野菜となるそう。ちゃんと系統でみたら、分類もかわるかもしれないけど、所詮、人間が勝手に決めてるだけですからねぇ~と相手が何気なく言った一言が、結構心に響きました。そう「人間が勝手に決めただけ…」。場所が変われば、同じものであっても、分類や価値が変わることは大いにあるでしょう。

私にとっては、サツマイモやカボチャは甘くて、「スイーツやな!」と思いながら食べますし。アボカドはスーパーでは、果物売り場に置いてあるけど、なんとなく野菜の気分だし。ミニトマトは、以前、お菓子断ちをしようとしていた時、小腹が空いたときにおやつ代わりに食べていたので、果物気分なところがあるし。

野菜と果物の分類の話だけれど、それ以外の諸々の分類も、人間が勝手に決めただけ…のはず。そうだとすれば、正しいとか間違っているとか、あるのかな?と思ったり。所詮ただの思い込みで、「○○でなければいけない」なんてことはなくて、みんな違ってみんないい?これぞ多様性?などと思考は発散。

そういえば、モノに対しても、本来とは違う用途で活用できた時は、「私すごいじゃん!」と嬉しいしなぁ。

何気ない一言から、頭が固くならないように気をつけようと思いました。