すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『勝間式 生き方の知見』

勝間塾に入っていたのは2年間ぐらいだったかと思いますが、その間、私の考え方はだいぶ変わったと思います。その後、YouTubeを見ていましたが、最近ちょっと見忘れていて…。本書は勝間さんの知見がギュッとつまっていて、とても参考になりました。定期的に本を出してくださるので、その度に考え方をアップデートできて助かります。

 

コミュニケーションやお金、仕事の話もありますが、「人生最大の投資は健康」とのこと。しかも何がいいかって、投資とはいえ、タダでできるのです。以前は、何も考えずにエスカレーターを使っていたというか、あるもの(→エスカレーター)は使わないともったいない ぐらいに考えていましたが、今は階段はタダで使える健康器具と思って、階段を使うのがふつうになっています。また、デスクワークは楽だなぁ~と以前は思っていましたが、人間も動物なのにあまり動かないのはおかしい、しかも座っている姿勢は骨格的に不自然なわけで、腰痛やら生活習慣病のリスクが高く、デスクワークは危険と思うように。

本書で一番 意外だったのが、「加齢で記憶力が落ちる」というのは間違いで、年と記憶力はほとんど関係がないことが様々な研究でわかっているとのこと。高齢になるにつれて覚えていることが増えるため、その中から思い出したいことを探すのに時間がかかるだけで、認知症でもない限り、記憶力が衰えることはないそうです。

紹介されている55の方法のうちの54番目にあるのが、「虫の知らせを聞き逃さない」というもの。これは『運のいい人の法則』にある4つのうちの1つになります。これは勝間塾にいる間にも何回か耳にしていて、頭に残っていました。そして、「あ!これは!」と思うことがありまして、直感に従ったところ、その通りになったことがあります(←これは機会があれば書きたいと思います)。

若い頃はよかったなぁ~なんて後ろ向きになるのではなく、ますます人生が楽しくなるような生き方ができればいいなと思います。