すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

ゴミ袋だってワンウェイプラスチック

ゴミの多さは無駄(=資源の無駄使い)の多さ!と思うようになり、ゴミ変態の道を突き進んでおりますが…、困ったことが1つありまして。それは「他人のゴミの出し方が気になって仕方ない」ということ。といっても、さすがに近所のゴミ集積場はスルーですが、個人的に避けて通れないのが職場のゴミ箱でして。

燃えるゴミ(私にとっては「燃やすしかないゴミ」)の中に、紙ゴミが混ざっていれば、「えぇ~っ、これ明らかに資源ゴミでしょ!燃やしたら灰になるだけだよ!ハイ!」と悶々とする。場合によっては、資源ごみとするべく、ゴミ箱から救出もする。

嵩張るゴミが入っていれば、「えぇ~っ、これじゃあ、ゴミ袋がすぐにいっぱいになっちゃうよ!」と悶々とする。場合によっては、小さく折りたたんだり、ハサミで切ったりもする。

資源ゴミとなった紙の束ね方がゆるゆるだと「えぇ~っ、そんなんじゃ積むときに崩れちゃうよ!」と悶々とする。相手によっては、束ね方がいまいちであると言ってしまう。(結果、束ねる役目は口うるさい私に回ってきて、実はけっこう喜んでやっている。)

そして、最近、妙に気になるのが、シュレッダーのゴミ出し頻度。まだまだ入れられると思うタイミングでゴミ出ししているのを見ると、もう悶々としてしまい…。食品のゴミじゃないから、ためても臭いはないし。それに、ゴミ袋だってワンウェイプラスチックだよ!と。おそらく、家庭ゴミなら、めいっぱい詰め込んでから捨てると思うんですけど、会社となると感覚が変わるのか…。

気にしちゃダメ、文句言っちゃダメ、そもそも見ちゃダメ…と思うのですけど、そう思えば思うほど、悶々としてしまい…。はぁ、私は何しに会社に行ってるんだ…。