すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『「おひとりさま」のお金の増やし方』

著者は元看護師でシングルマザーの瀬戸山エリカさん。タイトルから、投資などで どうやってお金を増やしていくか?についての本かな…と思っていたのですが、メルカリを利用した物販ビジネス(→せどり)による副業の話です。投資は余剰資産で行うのが基本ですが、そもそも元手がないとできないですもんね。

 

メルカリは使ったことがないのですが、確かに安く仕入れて、高く売れれば、差分が儲けだよなぁ、不用品を手放すだけでなく、そういう使い方をしている人もけっこういるんだろうなぁ、やっぱ頭のいい人は違うなぁ、など思いました。

でも…じゃあ自分もやってみよう!とは思わないんですよね。不用品を手放すのに、メルカリはなんていい仕組みだと思ったのですが、物販ビジネスとなると、モノ余りの今の世の中で、たくさん売って儲けるってどうなのかな?と思ってしまうのです。自分が作ったものや、自分が好きな商品を多くの人に届けたい!応援したい!というのは素敵だなと思うのですが、儲けるために売れるものを…となると、それってサステイナブル?と。ギフトエコノミーの本で、ギフトエコノミーとシェアリングエコノミーは似ているけれど違うもので、シェアリングエコノミーは資本主義の部分があるといったことが書かれていましたが、本書を読んで、確かに資本主義だなと思いました。

本書のはじめに「おひとりさま」のリアルについて書かれていますが、現状がどうであれ、誰でも一人になる可能性はあると思います。将来を心配し過ぎて、今を楽しめないのはどうかと思いますが、誰もが ある程度は覚悟しておいた方がいいんだろうなと思います。その時に大事なのは、本書にある稼ぐ力はもちろんのこと、友人、知人、ご近所さんなど頼れる先がいくつかあることだと思っています。