すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『「フツーな私」でも仕事ができるようになる34の方法』

著者は足立区で税理士事務所を開業している田村麻美さん。2018年に『ブスのマーケティング戦略』という本を出されています。

 

本書を読んで思い出したのが、垣谷美雨さんの『あなたのゼイ肉、落とします』の中にあった「ブスとして生きる訓練をすること」。とはいえ、著者の田村麻美さんは写真で見る限り、ブスではないと思いますが…。

第1章にあるのが、「自分の市場価値」を知る、ということ。謙虚は美徳という昔からの教えがあるので、「私はデキル人間!」と周りに言う人はめったにいないかと思いますが、誰もが大なり小なりプライドは持っているものだと思います(ドラゴンボールベジータは、あそこまでプライドが高いと、むしろ清々しい!と結構好きですが)。そして、他者から見た実力より、内心での自己評価は高いということも多いのだと思います。そんな中、客観的に自分を把握できている人は、地に足のついた戦略がたてられ、強いだろうなと思います。また、難しいのが、年を取れば自分の能力や体力も変わるし、同じ人であっても、時代や場所によって市場価値が異なるということ。あぁ、私の市場価値ってどうなんだろう…。

34の方法が紹介されていますが、その中でも、方法27にある「笑顔」と「傾聴」は一生モノのスキルと心得る、というのは肝に銘じたいと思います。

 

お金にならないと仕事にはなりませんが、やりたいことができるのがいいなと思います。でも、やりたいことって結構分からないものなんじゃないかな?とも思います。少なくとも、私の場合は、猛烈にコレがやりたい!というのは、子どもの頃も、大人になってからもなくて…。でも、やりたくないことは、すぐに分かるんですよね。だから、「やりたいことをやる」というのと、「やりたくないことをやらない」というのは同じ意味だと最近、思うようになりました。「やりたくないことをやらない」というのも、一見簡単なようで、でも実際は諸々の事情があって、すぐには実行できず、一歩一歩進めていく必要があると思いますし。