すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『縁結びカツサンド』

商店街にあるパン屋「コテン」。あんぱん、クリームパン、チョココロネといった、どこか懐かしい顔つきのパンたち。しかし、その店の三代目の青年は、接客が不向きで、自信もなさそうで…。そして、店名「コテン」の由来とは?

 

今どきのお洒落なお店より、昔ながらの地域密着型のパン屋さんの方が好きです。以前住んでいたアパートの近くのパン屋さんは、そんな感じのお店で、ちょくちょく買いに行ってました。一方、今住んでいるアパートの近くにもパン屋さんはあるものの、こちらはお洒落なカフェ風で、私には敷居が高くて…、2, 3回買ったことがある程度。

気軽に買える昔ながらのパン屋さんが好きだけど、スーパーでは菓子パンが安く売っているし、店を存続するというのは楽ではないのでしょう。そういうお店で積極的に買いたいなと思いました。

本のタイトルは「縁結びカツサンド」ですが、その他に登場するのは「まごころドーナツ」「楽描きカレーパン」「花咲くコロネ」。どれも食べたい!パンより ご飯派だけど、読んでたら、無性になつかしのパンが食べたくなりました。ちなみに給食では揚げパンが好きでした。そして、チョココロネと聞くと、Eテレの0655のおはようソング「チョココロネをたべるのどっちから?」を思い出します。どっちから食べても、美味しいですけど!