すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

ラクな方へ ラクな方へ

一昨年の秋ごろ、髪を短くしました。それまでは4カ月おきぐらいに美容室に通っていましたが、短くなったからには、毎月は難しくとも、2カ月おきぐらいには髪を切りに行かないとなぁ~と思って、はじめのうちはそのぐらいの頻度で通っていたのですが…。

髪を短くする前は縮毛矯正をかけていたので4時間コース。一方、今はカット+シャンプーで1時間コース。美容室へ行く頻度は高くなるものの、トータルで見た場合、時間もお金も以前よりかからなくなったのですが。気付けば、ここ1年ぐらいは、髪を短くする前と変わらず、4カ月おきぐらいになってました。だいたい、髪を乾かすのに時間がかかるようになったなぁ~と思うと重い腰を上げて、といった感じ。ラクな方へ、ラクな方へ流れてしまうのね…と。

以前、親戚のおばさんが、「一度、ラクしちゃうとダメよね~。もう戻れない。」と言ってたことを思い出しました。でも、おばさんの言うラクな方というのは、例えば普通列車じゃなくて特急を使うとか、自由席じゃなくて指定席を使う、みたいなことだったと思います。特急は時間をお金で買う、指定席は快適や安心を買うということだと考えられるかと思います。

地元山梨まで帰省するのに、新宿から特急に乗るよりも高速バスに乗った方が安上がりだけど、渋滞の心配はしなくていいし、何より事故の確率を考えると、特急の方がいいかなと思って、料金が高い分は安心を買っているんだと思っています。

なので、おばさんの言う「ラク」は「怠惰」ではないと思うのですが、私の美容室の頻度はというと…。身だしなみ、社会的生活など考えると、むしろリスク高くなる方では?若いうちはそれでもお洒落と見なされることもあるでしょうけど…。

先日、4カ月ぶりに美容室に行き、誕生月なので20% OFFに喜んでいましたが、そんなんじゃいかん!(20% OFFは有効に活用すべきだけど)と思いました。