すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

あんたがたどこさ

先日、近所を散歩していたところ「あんたがたどこさ♪」と子どもたちの遊んでいる声が聞こえてきました。懐かしいなぁ~、今どきの子どもでもやるんだなぁ~と思いながら、続きを心の中で口ずさみました。そして、そういえば、子どもの頃は、「肥後」も「熊本」も分かってなかったなぁと。

昔ながらの遊びといえば、「はないちもんめ」や「かごめかごめ」は嫌いだったなぁ。ところで「おなべふ」って何だったっけ?と思い、ググってみると…。

「お」は、おりこう、おこりんぼ、「な」は泣き虫、怠け者、「べ」は勉強家、べそっかき、べっぴんさん、「ふ」は不良、ふざけんぼ、等々。

えぇ~っ、おなじ文字でも全然違うじゃん…。まぁ遊びですけど。ちなみに、なんで「おなべふ」が気になったかと言うと、私自身はやったことはほぼないと思うのですが、むかし母が私の同級生の真似として何度か口にしていたことがあり、印象に残っていました。

あとは友達がたまに歌っていて印象に残っているのが「これっくらいのお弁当箱に♪」ではじまる「おべんとうばこのうた」(←今回調べてタイトルを知りました…)。ググると、この歌を再現したお弁当の画像がちらほら。地味だけど、健康的な感じで、今の私には十分ですが、ちょっと前までだったら、物足りないかな…。

子どもの頃の遊びを調べてみたら、意外と面白かったです。