すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

動物と暮らす

先日、犬と猫を飼っているお宅にお邪魔しました。玄関に入ってすぐにワンちゃんからは熱烈歓迎を受け、あぁ求められるって幸せ…と思いました。猫とも戯れることができ、猫カフェよりも独り占めだ!と存分に楽しみました。犬や猫がお家にいたら、こんなに楽しいのか…会社行きたくないな…引きこもりになっちゃいそうだな…と思いました。

動物を飼うにはお金もかかるし、色々お世話をしなくちゃいけないこともあるし、何より亡くなった時の悲しみは耐え難いものがあるだろうと思いますが、それを上回っておつりが来るほどに幸せなんだろうなぁと。以前通っていた英会話教室でも、猫好きのインストラクターが保護猫を飼うことになり、それがいつの間にか2匹に増えており、レッスンのたびに「猫を飼わないのか?」と聞かれたのを思い出しました。猫と暮らすようになってから、考え方がネガティブ→ポジティブになったとのこと。

いやぁ、猫と暮らせば幸せだろうなぁ~ということは分かるんです(正しくは、想像できるんです)けど、だからこそダメなんです。その幸せが怖い…(もはや自分で何言ってるかわからない…)のと、その猫の一生をわたしがもらっちゃっていいのか…とか。そんなこと考えずに飼っちゃいなよ!と思うほどの勢いはなく、片想いの期間が長すぎた弊害かしら…。