すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『5分で読める!ひと駅ストーリー 猫の物語』

「猫の物語」と聞いたら、何を思い浮かべますか?『子猫物語』、『100万回生きたねこ』、『ホワッツマイケル』などなど(年齢がわかりますね…)。

本書は『このミステリーがすごい!』大賞、日本ラブストーリー大賞、『このライトノベルがすごい!』大賞を受賞した33名の作家たちによる5分で読める物語。『5分で読める!ひと駅ストーリー』シリーズは他にも色々ありますが、猫好きとして本書を手に取りました。ちなみに電車の中でも読みましたが、読むのが遅いようで…、1つのお話をひと駅では読み切れませんでした…。

 

表紙のイラストは可愛い猫たちですが、登場する猫は可愛いとは限らず…。そういえば以前は黒猫は不吉のイメージがありましたもんね。でも、今は黒猫と言ったら、やっぱりジジ!

思わず笑ってしまったのが小林ミアさんの『極刑』。気付けば被告人となっていた男。しかし、裁判所にいる他の者たちは、みな猫。裁判長も検察官も猫。そして言い渡された極刑の内容とは?

飼い主がペットの写真や動画をネット上に公開するのはよくある話だと思いますが、被写体が人間だったら…?と考えると、もしかしたら、重罪かもしれないなぁと。でも、極刑の内容は人間と猫で違うわけで…。

その他、私が好きだなと思ったのは、『空飛ぶアスタリスク』『シュレーディンガーの猫はポケットの中に』『ピートの春』。いずれもタイトルからして気になる感じですが、『ピートの春』は「もしや?」と思った通り、『夏への扉』の主人公が飼っている猫の名前ピートから。『夏への扉』はSFで、舞台はアメリカ。登場人物の名前がカタカナで、なかなか読み辛かったのですが、猫好きにおススメしたい1冊です。この『ピートの春』も飼い主と猫の関係がいいです。

猫のお話もいいけれど、やっぱり本物が一番だな…とも思いました。

blog.ariri-simple.site