すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『サンドの女 三人屋』

先日紹介した『三人屋』の続編です。ラプンツェル商店街で、三姉妹がそれぞれ別の営業形態でやっていた「三人屋」。月日が流れ、ずっと同じというわけにも行かず…。

 

表紙のイラスト、玉子サンドが美味しそうで、無性に食べたくなりました!料理好きな人なら、本書を読んだあと、作ってみるかもしれません。パンよりご飯派で、子どもの頃はあまりサンドイッチ好きではなかったんです。お弁当なら、サンドイッチより、おにぎりの方が嬉しかったし。あまり好きではなかった理由は、サンドイッチって、なんか口の中がパサパサする!喉がカラカラする!…だったのですが。今となっては、水飲んだらいいじゃない…と思いますけど。でも、子どもの頃から、あまり水分をとらなくて、おでんの玉子2個ぐらい、何も飲まずに平気で食べてました。

 

「三人屋」の美人三姉妹。それぞれ個性的で、好みは分かれるかもしれませんが、一番気になってしまうのが長女でしょうか。でも、自分がなりたいのは三女かなぁ。

三姉妹って小説とかドラマの設定にありそうだな…と思ったものの、パッと思いついたのは赤川次郎さん(『三姉妹探偵団』シリーズ←読んだことはないのですが)。『うちの3姉妹』とかもありますね。よくよく考えてみれば、母は三女で、弟が一人の4人きょうだいだから、三姉妹になるのか…。同性のきょうだいがいないので分からないのですが、服の貸し借りとかするんですかね。いいなぁ。