すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『工夫生活のススメ』

去年の12月に図書館のリユース・デーでもらった1冊。以前住んでいたところでは、リユース・デーに除籍本をまとめて放出でしたが、引っ越してきた先の図書館では、リユース本の棚が常設されており、よく眺めています。まだ新しそうだけどな…という本もあり、読書離れ、活字離れと言われているけれど、世の中には本があふれているんだなと思いました。

2000年に発行された本なので、今から20年以上も前のものになります。それでも、今でも参考になると思うことがたくさんありました。

例えば、食卓の話のところにある”サシスセソ”。調味料の「さしすせそ」はご存知かと思いますが、それとは別の意味での”サシスセソ”。何かというと…

  •  サ:再利用する(だしをとったあとの昆布を漬け物にしたり)
  •  シ:旬へのこだわり
  •  ス:スピードにもこだわる(時短につながる段取りや保存を意識)
  •  セ:節約上手
  •  ソ:素材の味を活かす

省エネとかゴミを出さないようしているところとか、シンプルを意識しているところなどは、最近ではよく聞くけれど、20年前でもそのように考えている人もいたのだなぁと。著者の場合は、仕事でドイツと日本を行き来する機会があり、ドイツでの暮らしが影響しているのだと思います。さすがドイツ!と思いましたが、かつての日本もそうだったんじゃなかったっけ?と思ったり。