すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『片づけHACKS!』

どうも最近「片づけ」という言葉に弱い…。それもこれも、引っ越したから。本書の中にも「収納スペースをあえて半減させる」というのがありました。片づけで、一番やってはいけないのが、まず収納グッズを買うことですが、その逆ですからねぇ。お出かけするのに、小さなカバンだったら、持ち物を厳選するし、おやつ代500円なら、その範囲内でおさまるよう取捨選択するし。先に制限を設けるのは、いいかもしれないですね。

「片づけHACKS!」とありますが、お部屋の片づけだけでなく、仕事に関することもあります。というか、そちらの方がメインかと。

たしかにそうかも…と思ったのが「ジャストインタイム仕事術」。明日やろうはバカヤローと言ったりしますが、ジャストインタイムの仕事術は、今やらなくていいタスクは先送りします。そういうと良くないイメージを抱きそうですが、別の言い方をすると、必要なものを必要なタイミングで行うということ。これだと、必要なものを必要なときに必要なだけ買う…といった持ち過ぎない暮らしと共通するように思います。

前もってやっておくということは悪くないと思うのですが、それは決まりきった仕事の場合で、途中、変化していくような仕事の場合はムダになってしまう可能性があります。そして、これからは、後者の場合の方が増えていくのでしょう。

インプロビゼーション」という言葉は初めて知りましたが、即興という意味で、その場で起こっていることをイエスで受け入れ、さらにアンドで新しいアイデアを加えて展開していく、イエス・アンドが大事だそう。このインプロのゲームの1つに「社長ゲーム」というのがあるそうで、従業員役の人がさまざまなトラブルを社長に報告し、社長は「それはちょうどいい」と返答、マイナスの状況を受け入れトラブルをうまく活かすアイデアを出すとのこと。

仕事や日常生活で、ぎゃーっ!となったとき、この社長ゲームを思い出したいなと思いました。うまくできるかわかりませんが、まずは試してみるところから。