すっきりした部屋であまりゴミを出さずに暮らしたい

暮らしは小さくてもすっきりと、心はゴチャゴチャしてても大らかに

本棚:『勝間和代・上大岡トメの目うろこコトバ』

本書は、朝日新聞の週末別刷り「be」に2009年4月から10年3月まで連載された「勝間和代の人生を変えるコトバ」がもとになっており、さらに『キッパリ』の著者である上大岡トメさんが言葉と連動したイラストを描いたものになります。今から10年以上前になりますが、今 読んでも参考になり、時代が変わっても本質的なものはあまり変わらないのだろうなあと思いました。

目うろこコトバは50個紹介されているのですが、その中でも特に私が気に入ったものを5つ紹介します。

  • やる気に頼るな、仕組みに頼れ
  • やることより、やらないことを決めよ
  • 上司は思いつきでものを言う
  • 不運を幸運に、幸運を実力に変えよ
  • ジャンケン、ジャンケン、またジャンケン

3つ目の「上司は思いつきでものを言う」には、ちょっと笑ってしまったのですが、確かに…。まだ入社して間もない頃、同じ職場の先輩から「もっと上司とケンカしろ」というのとともに、「担当者が一番わかっているんだから」とよく言われたことを思い出しました。上司は色々な案件について判断を求められるわけですが、その全てについて精通しているわけではないですし、1つ1つ覚えてもいられないでしょう…。「この前言ったことと違うんですけど(怒)!」なんてイライラしそうになったとき、このコトバを知っているのと知らないのとでは違いそうです。

5つ目のジャンケンですが、ジャンケンの勝率は半々です。勝ちを増やすには、回数を増やせばいいだけです。けれでも、何かにチャレンジしようとしたとき、勝てる見込みが高くないと、挑戦するのをやめてしまうことは多くないでしょうか。迷った時は、(無謀なチャレンジでなければ)このコトバを思い出そうと思いました。そして、繰り返すうちに、ジャンケンよりは勝率も上がっていくでしょうし。

みなさんの目うろこコトバは何ですか?